【豆知識】ROLEXはシリアルナンバーで製造年がわかっちゃう?!&古めの時計のケースを交換する際の注意点

先輩T

ROLEXの腕時計はシリアルナンバーで製造年が大体わかるって知ってましたか?

新人U

え!そうなんですか!
知りませんでした!!

先輩T

君は知っていてほしいな…
(まあ、いいけど)

所有しているロレックスの腕時計の製造年が知りたい購入を検討している古いロレックスがいつ頃に製造された製品なのか確認したい、など、製造年が知りたい時は結構あると思います。

ギャランティーカードに購入日付の記載があれば販売年月からおおよその製造年は想像できますが、時計本体だけの場合は、製造年を調べるのも一苦労です。

この記事では、ロレックスのシリアルナンバー(製品の個体番号)についてご紹介します。

先輩T

じつは、2010年以前のロレックスであればシリアルナンバーでおおよその製造年を調べることができます!

シリアルナンバーってなに?

ロレックスの本体には、モデル番号や使われている素材などの共通番号であるリファレンスナンバーと、個体ひとつひとつに付けられている個別の個体番号であるシリアルナンバーの2つが刻印されています。

リファレンスナンバーとは、どのモデルなのか、ベゼルの種類は何か、ケースの素材は何か、装飾に使われている素材や色は何かなどの情報が大体わかる番号で、モデル別につけられています。

新人U

たとえばサブマリーナのだと116610LNサブマリーナのだと116610LVという風に決まっています!(※古いモデルの場合は違ってきます)

先輩T

一方で、シリアルナンバーの場合は個体ごとに個別にふられた番号なので、
他の個体とかぶることは基本的にありえません!

被ることがない番号であるため、シリアル番号からおおよその製造年が判別(2010年以前モデルのみ)できたり、盗難や紛失時場合の確認に使うことができます。

先輩T

ヴィンテージなど、モデルによってはシリアル番号の違いだけで販売価格にかなりの差があります!結構大事な番号なのです。

新人U

そうなんですね~

シリアルナンバーってそもそもどこをみればいいの?

2010年の先頭にGがつく番号以前のシリアルの場所

2010年の先頭にGがつく番号以前のロレックスのシリアル番号は、ブレスレットを外すと見えるケースのラグの間に2つの数字が刻印されています。

・12時位置にリファレンスナンバー(型番)

・6時位置にシリアルナンバー(個体の個別番号)

ルーレット・シリアルの場合

2004年頃~2006年頃にかけてガラス内側のインナーリングにシリアル番号が刻印されるようになりました。

これまではブレスレットを外さないと確認できなかったシリアルナンバーですが、盤面をのぞけばシリアル番号が簡単に視認できるようになりました。ルーレットのように番号が記載されているため、通称“ルーレット・シリアル”と呼ばれています。

新人U

ルーレットシリアルだなんて、なんだかオシャレな呼称ですねえ~~
(誰がつけたんだ)

ブレスレットを外してケースを見ると、12時側にリファレンスナンバーがあり、6時側にシリアルナンバーはありません。

その代わり、6時側の文字盤内にシリアルナンバーが刻印されています。

リファレンスナンバーは現在でもひきつづきケースの12時側に刻印されていますが、シリアルナンバーは文字盤内の6時側部分のみに刻印されるようになりました。

先輩T

しばらくのあいだは6時位置と併用でシリアルナンバーの刻印がされていたようですが、シリアルナンバーのアルファベットがランダム構成となったあたりから6時位置のシリアルナンバーが省略されるようになったと言われています。

※2010年以降、シリアルナンバーのアルファベットがランダム構成になってから、シリアルナンバーでの製造年の推定はできなくなりました。

 

シリアルナンバーから見る製造年一覧

数字のみのシリアルナンバーの製造年

シリアルナンバーの先頭にアルファベットが使われるようになる以前の1927年~1987年前半のシリアルナンバーと、製造年一覧です。

製造年シリアルナンバー
1927年21691~
1928年23969~
1928年24747~
1930年28290~
1932年29312~
1933年29933~
1934年30823~
1935年35365~
1936年37596~
1937年40920~
1938年43739~
1939年71224~
1940年99775~
1941年106047~
1942年143509~
1943年230873~
1944年269561~
1945年302459~
1946年387216~
1947年529163~
1948年628840~
1951年710776~
1952年840396~
1953年929426~
1954年937170~
1953年941699~
1954年952892~
1953年955466~
1955年282632~

1955年、桁数が100万に達したため一度リセットされました。

製造年シリアルナンバー
1956年139400~
1957年321884~
1958年360171~
1960年693808~
1962年763663~
1964年985015~
1965年1259699~
1966年1871000~
1967年2163900~
1968年2426800~
1969年2689700~
1970年2952600~
1971年3215500~
1972年3478400~
1973年3741300~
1974年4004200~
1975年4267100~
1976年4538000~
1977年5008000~
1978年5482000~
1979年5958000~
1980年6434000~
1981年6910000~
1982年7386000~
1982年7386000~
1982年7386000~
1982年7386000~
1986年9290000~
1987年9766000~
1987年9766000~

頭文字にアルファベットがあるシリアルナンバーの製造年

製造年
1987年~1988年R000001~
1989年~1990年L000001~
1990年~1991年 E000001~
1991年 X000001~
1991年 N000001~
1992年C000001~
1993年S000001~
 1994年~1995年W000001~
1996年 T000001~
1997年 U000001~
1998年~1999年 A000001~
2000年P000001~
2002年Y000001~
2003年~2004年 F000001~
2005年D000001~
2006年Z000001~
2007年~2008年 M000001~
2009年V000001~
2010年G000001~

 

ランダムシリアルの開始

2010年のG番号以降のシリアルナンバー

先輩T

先頭がアルファベットに切り替わった当初の1987年から1991年までは、「R・L・E・X」と、ROLEXの文字を意識したナンバリングになっていますね!
O(オー)が無いのは、0(ゼロ)と混同しないようにと採用されなかったからだそうです。

一文字目「X」のシリアルナンバーを限界まで発行した後は、ロレックスとは脈絡のないアルファベットが採用されるようになっています。

先輩T

2010年のG番号以降、数字ではじめられたシリアルナンバーが限界に達し、頭文字にアルファベットを含めたシリアルになりました!

数字の間などにランダムにアルファベットも混在する現在のような8桁のランダムシリアルに移行。

2010年から2012年までは、G品番とランダム品番が混在しています。

2012年発表のノンデイト仕様のサブマリーナ(Ref.114060)はG品番から開始しており、G品番とランダム品番が約2年ほど並行して作られていたことがわかります。

先輩T

シリアルナンバーが、これまでのアルファベット + 6桁数字の組み合わせから、数字とアルファベットをランダムに組み合わせた8桁へ変更になったため、これまで確認できていた「おおよその製造年」がわからなくなってしまいました…

新人U

さようなら製造年…

現行のシリアルナンバーに文字列の法則性はなく、製造年などをシリアルナンバーから調べる方法は無いのが現状です。

先輩T

ランダム・シリアルでも、O(オー)は0(ゼロ)と似ていて紛らわしいなどの理由からか使用されていません。
おそらく同様の理由で、現時点では(8に似ている)とI(1に似ている)も使用されていません。

新人U

そのシリアル見かけないなと思っていたら…本当に存在しなかったんですね!!

 

修理によるケース交換をする際の注意点

修理でケース交換をするとシリアルナンバーはどうなるのか

ケースに大きな損傷やダメージがあると、ケース自体をロレックスで交換される場合があります。その際は、もとのシリアル番号ではなく新たに別のシリアル番号が刻印されたケースに交換になってしまいます。(※裏蓋の内側には元のシリアル番号が刻印されます)

交換により綺麗な状態には戻りますが、シリアルナンバー自体に価値がある時計の場合は、売却の際に査定額が大きく下がる場合があるので、注意が必要です!

先輩T

ケース交換された時計のシリアル番号は、「3」または「4」から始まる数字だけだったり、近年ではアルファベットが使用されるなど、年代ごとに違いがあるようです。

 

PREwizについて

弊社PREwizでは、高級ブランド時計限定のシェアサイトを運営しております。

PREwizサイトはこちら

Rolexを中心にPATEK PHILIPPEなどあこがれのブランド時計を借りられます✨

 

時計をお貸出しいただける方、お得にご購入希望の方も絶賛募集中です!
(詳細はお問い合わせください✨)

お問合せフォームはこちら

(オンライン、対面など、お好きな方法で詳細をご説明いたします) 

コーヒー、カフェラテ、お水、コーラをはじめとしたお飲み物をご用意してお待ちしております。
ご来店時に晴れていれば、弊社自慢のテラスなどでごゆっくりお過ごしくださいね✨

※コロナ禍での密を避けるため、ご来店予約をお願いしております。
お手数ですがお問合せフォームからご予約ください。